調月(つかつき)の地名と歴史

本サイトは 和歌山県紀の川市桃山町調月「つかつき」の地名起原や故事来歴を尋ねます


地名から歴史がみえる 吉仲荘と調月の地名 土井長者は平氏一族だった

引用文献・参考資料

山人平は八万堂が語源 室町時代の地名、地主と作人 調月荘の稲葉藤蔵

その他の地名

中俊良が銚子ノ口を買収 中筋は中氏衆か 尼岡の地名と尼岡姓   調月の歴史
 地名は生きた化石   編集・更新:2012/02/25

  地名から歴史がみえてくる

 地名は生きた化石と云われます。地名の起原や由来を尋ねれば、当時の歴史が見えてきます。地名はまさに歴史の生き証人と云えます。

 古文書・古文献に記載されている地名も、今は使われなくなったものも多く、その場所さえ特定できないものも少なくありません。何とか場所が特定できる地名も、あと幾年も経てば忘れ去られてしまうでしょう。

 この際、古代からの調月の地名を巡る古い記録を探察し、その由来や場所を比定しておきたいと考え考察しました。

 しかし、場所の特定できなかった地名も少なくありません。また、間違った考察があるやも知れません。お気づきの点は是非ともご指摘・ご教示いただければ幸甚です。

 調月の歴史の詳細は 調月の歴史 調月荘の歴史 をご参照下さい。

 

ご指摘・ご意見はこちらからお願いします    

2012年02月25日  山人記

Since 2008/6/11  

戻る 次に進む